ENTDECKENBIBLIOTHEK
searchclose
shopping_cart_outlined
exit_to_app
category_outlined / Kunst & Architektur
LANDSCAPE DESIGN ランドスケープデザインLANDSCAPE DESIGN ランドスケープデザイン

LANDSCAPE DESIGN ランドスケープデザイン

No.125

『LANDSCAPE DESIGN』the magazine provides timely information on built landscapes and new techniques for ecologically sensitive planning and design with photographs and graphics ,in Asia and all over the world ;useful for landscape architects or garden designers and housing ,building ,city ,sevlal constructors ,monument ,sculpture, etc. ※In the subscription, 7 issues are suuplied by the signle price for 1 year (6issues) . 『LANDSCAPE DESIGN』は、暮らしの景観・環境をテーマにした日本で唯一の専門雑誌です。国内はもとより海外の話題や事例を通して、よりグローバルな視点で編集し、美しい写真を豊富に取り入れたビジュアルマガジン。造園、建築、都市計画、土木、アート、デザイン、まちづくり関係者など幅広い分野で景観・環境に携わる専門家に向け情報発信をしています。※定期購読は1年間(6号分)の価格で7号分をお送りします。

Land:
Japan
Sprache:
Japanese
Verlag:
Marumo Publishing Co., LTD.
Mehr lesenkeyboard_arrow_down
AUSGABE KAUFEN
8,59 €(Inkl. MwSt.)
ABONNIEREN
51,57 €(Inkl. MwSt.)
7 Ausgaben

IN DIESER AUSGABE

access_time3 Min.
建築と ランドスケープ がつくる 新しい教育環境

2018 年 4 月に 新 たに開校した川口市立高等学校。 キャン パ ス全体が完成するのは2021 年となるが、第Ⅰ 期工事として 完成した校舎棟の‘ ラー ニングストリート ’ と呼ば れるエリアは、 建 築とランドス ケ ー プ が 互いに 響き合う独創的な大空間をつくりあげ て い る。料 理 に 例えるならば、 個 性 の強い創作料理と表現したくなる 空間が公立高校の教育現場に採用されたことの意義 は大きいと感じる。ここで学ぶ生徒らの健やかなる成 長に期待をよせつつ、 第Ⅰ期工事 の全容を紹介する。川口市立高等学校全体計画におけるキャンパスロード川口市立の高等学校 3 校を再編・統合し‘川口市立高等学校’として開 校した学校である。本計画は日光御成道の宿場町として“道”を中心 に栄えてきた川口市の歴史をふまえ、敷地の東西を横断するキャン パスロード (=“道”) を中心に各種施設が建ち並び、生徒が交流し賑 わうキャンパスを計画した。キャンパスロードはエリアごとに異なる 特徴を持たせながら、学生生活の多様なシーンが次々と展開し、生…

access_time1 Min.
街をつなぐ 再開発

(写真=株式会社エスエス東京)(写真 =石黒写真研究所)…

access_time3 Min.
地域と一体となった街づくり 東京ミッドタウ ン日比谷 東京都千代田区

掲載協力=三井不動産株式会社東京ミッドタウン日比谷事業室 写真=FOTOTECA 、石黒写真研究所(*)、株式会社ランドスケープデザイン(**)事業主=三井不動産株式会社マスターデザインアーキテクト=ホプキンス・アーキテクツ都市計画・基本設計・デザイン監修=株式会社日建設計実施設計・監理=KAJIMA DESIGN外構実施設計協力=株式会社ランドスケープデザイン日比谷ステップ広場街を上げたイベントが行われ るなど賑わいの核となり文化 交流・発信をする。(*)メイン入口の夜景人の流れや溜りの空間をデザ インし、様々なシーンの創出 を促す。(*)日比谷仲通り曲線型の道路線形と植栽帯に よる園路空間。石舗装と並木 は丸の内仲通りから連続する。日比谷ステップ広場リーフ型の植栽帯と、和泉正 敏⽒(和泉石材)によるストー ンワーク。6F パークビューガーデンイベントもできる芝⽣広場と ビューテラス。7F テラス水景を活かした7Fテラスで は、水盤に映りこむ空と遠景 のビル群により都会的なラン ドスケープが展開される。7F テラスから望む パークビューガーデンの夜景9F…

access_time2 Min.
歴史と文化を受け継ぎながら 新たな価値を創造する街づくり 相澤宏輔氏

資料 =三井不動産株式会社 東京ミッドタウン日比谷事業室文責=編集部相澤宏輔氏(写真=編集部)東京ミッドタウン日比谷とエリアマネジメント東京ミッドタウン日比谷が建設されたこ の土地は、かつて三信ビルディング(以下、 三信ビル)と日比谷三井ビルディング(以 下、旧日比谷三井ビル)が建ち、その間に区 道 131 号線が通っていましたが、2007 年に 三信ビルが老朽化に伴い閉館、解体が決ま り、2011 年には旧日比谷三井ビルが閉館 し、長い歴史に幕を閉じました。このふた つのビルと区道を合わせた敷地に東京ミッ ドタウン日比谷が建設されています。三信ビルの解体にあたっては、そこに新 たなビルを建設するという選択肢もありま したが、日比谷三井ビルと交通量が極めて 少なかった区道 131 号線も含めた敷地全体 を改編することとしました。その改編にあ たっては、この敷地だけを対象にするので はなく、日比谷エリア、特に東京ミッドタ ウン日比谷がある有楽町 1 丁目エリア全体 を街づくりの対象として捉え、どのような 開発が相応しいかと考えたことが、今回の…

access_time2 Min.
樹齢とともに育つまち づくり 目黒花房山ランドス ケ ー プ

~目黒駅前地区第一種市街地再開発事業~東京都品川区掲載協力=目黒駅前地区市街地再開発組合写真=株式会社エスエス東京事業主=目黒駅前地区市街地再開発組合基本構想・基本設計=大成建設一級建築士事務所基本設計=株式会社日本設計実施設計=大成建設一級建築士事務所施工監理=大成・竹中工事監理共同事業体ウッドデッキテラス森の入口はコモンスペース とし、ベンチなどを配し開 放的な空間としている。ふれあいのみち東西方向に敷地を貫通する 通路は、花房山通りと住宅 地を結ぶ。勾配を活かした流れ花房山の地形を受け継ぎア ンジュレーションをつくるこ とで自然の流れが誕生した。緑のフロンテージ微地形を活かしながら目黒 通り沿いの敷地延長をダイ ナミックに表現。『森』がゆるやかにつなぐ計画地全体が『森』となり、緑豊かな住宅地と賑やかな 空間がゆるやかにつながり、様々なシーンを生み出す。目黒花房山ランドスケープ文= 蕪木伸一 (大成建設一級建築士事務所)配置図樹齢と共に地域を醸成していく、大地に根差した本物の『森』。JR 目黒駅前のロータリーに隣接する敷地約 1.7ha の大規模複合再 開発事業である。山手線駅前…

access_time1 Min.
art works

作家 庄野泰子 + 音響計画株式会社『 coMIMInity /コミミニティ』 (聴覚アート)これから、新たな人々がここに集う。 「 coMIMInity 」の「 co 」は英語で「共に」、 日本語では「小さい」「ささやかな」。 せせらぎの音、空の音、誰かの足音… これらの音が伝声管を通してベンチに 届く。このささやかなサウンドスケー プを共有することによって、ゆるやか な「耳の共同体」が生まれることを願っ ている。制作=UB コム、清水建設東京木工所、エイテックPhoto by OFFICE SHONO(*)作家 長谷川 仁❶『ウォーキングサイン』 (森を廻る)外周約 550m にスタートからの距離を 記載し、ウォーキング等の目安となる サインとした。距離の記載のほか、近 隣のスポット(目黒不動尊、林試の森公 園など)までの方向と距離等を記載し、 散策を誘発する仕掛けとした。❷『木陰のパズル』 (触覚アート)石 板で作られたパズルは、この森で見 つけられる葉っぱの組み合わせででき ている。実際に拾ってきた葉っぱをこ こに重ねて遊びながら、樹種の名前を…

help