SCOPRILIBRERIA
searchclose
shopping_cart_outlined
exit_to_app
category_outlined / Moda
VOGUE JAPANVOGUE JAPAN

VOGUE JAPAN No.231 NOV-2018

1892年に米国で創刊し、現在18カ国で発行される、世界で最も影響力のあるファッション誌『VOGUE』の日本版。世界のトップフォトグラファーとのコラボレイションによる美しいビジュアルが誌面を飾り、最新のファッションとビューティの情報から文化・社会的なトレンドまで、洗練された“ヴォーグの世界”を展開します。VOGUE NIPPON is the Japanese version of the world’s most influential fashion magazines VOGUE, which was launched in 1892 in the USA and is currently issued in 18 countries around the world. In collaboration with the world’s top photographers, beautiful visuals frame pages of the magazine which display the refined world of VOGUE from the latest fashion and beauty information to the cultural and social trends.

Paese:
Japan
Lingua:
Japanese
Editore:
Conde Nast Japan LLC
Leggi di piùkeyboard_arrow_down
COMPRA NUMERO
4,30 €(Incl. tax)
ABBONATI
30,95 €(Incl. tax)
12 Numeri

IN QUESTO NUMERO

access_time1 minuti
「何のために破るのか?」 幸せのための“破壊者”たれ。

Mitsuko’s Digital Monthly Picks VOGUE JAPANウェブサイトで、引き続きお届けしている 2019年春夏コレクションでは、各メゾンのランウェイや、注 目デザイナーのインタビューを公開中。着こなしの参考にし たい人気ブロガーやイットモデルらのストリートスナップか らも目が離せません。また、動画「In The Bag」に登場する ピンクがトレードマークの双子のファッションアイコン、 AMIAYAのバッグの中身もあわせてご覧ください。 「Rule Breakers」って、かっこいい響きですよね。今月号 には、そんな「ルールを破った人々」がたくさん登場しま す。彼らが最高にクールに見えるのは、ルールを破る勇気 と情熱、リスクを恐れない覚悟などが、多くの人々には 「私にはちょっと無理かも……」と思わせるからではないで しょうか。人は、自分にはないものを持つ人に憧れを抱き ます。それと反対に、反発を感じることもあります。自分 と違う人間、理解を超えるものに対する畏れのような感情 といえるでしょう。私たちには、現状を変えることへの無…

access_time1 minuti
都会で着こなしたい、 レトロなムードの スキースタイルウェア。

カルバン・クラインのショー会場では床にポ ップコーンが敷き詰められ、遠くから見るとま るで雪が積もっているような演出を披露。防寒 のためのバラクラバ(目出し帽)が使用されて いたのも印象的だったが、今季はウィンタース ポーツを彷彿とさせるアイテムを打ち出してい るブランドが多いよう。ほとんどのルックにボ リューミーなニット帽をかぶせたアンダーカバ ーは1980年代に着想を得たというが、全体に漂 っているのはレトロなムード。ストリート色の あるスノーボードというよりは、スキーといっ たイメージだ。ゲレンデでももちろん活躍しそ うだが、ジュンヤ ワタナベのようにオーソドッ クスなウェアをアレンジしたデザインもある。 あえて都会で着こなすのが今季の気分。 Cutout Photos: Shinsuke Kojima Catwalk Photos: InDigital Photo: Mike Reinhardt / Condé Nast via Getty Images (2) Stylist: Hanae Kita Text: Itoi Kuriyama Editor: Kyoko…

access_time1 minuti
気になるトレンドをチェックしよう! 最新ファッション・ニュース。

1 PAUL SMITH 写真好きのポールが撮った 色鮮やかなロンドンに注目。 ポール・スミスが9月26日~10月23日 の期間、GINZA SIXの4Fにてポップア ップショップを開催。写真をこよなく愛 するデザイナー自身が、インスタグラム 風に切り取ったロンドンの風景が、色鮮 やかな限定アイテムとしてお目見えし た。ブランドが得意とするユーモアと アート感に満ちたブリティッシュの世 界を存分に堪能してみては。クラッチ ポーチ 本体 H26㎝ ¥7,500 マグカップ ¥2,500 ニット ¥34,000/PAUL SMITH (ポール・スミス リミテッド) 2 MONCLER GENIUS 今年12月まで堪能できる、 錚々たるブランドとの競演。 モンクレールのポップアップストア「モ ンクレール ジーニアス ビルディング」 が、10月5日から12月末まで東京にオ ープン。錚々たるトップクリエーターた ちとタッグを組んだモンクレール ジー ニアスのアイテムが一堂にラインナッ プするほか、本展のみでゲットできる限 定グッズなども楽しみの一つだ。レッ ドのパーカ ¥78,000/8…

access_time1 minuti
世界のヴォーグ発信、ヴォーグな話題。

From VOGUE AUSTRALIA ケンダルが妹カイリーを インタビューした特集号。 海外で人気のリップキットの成功など もあり、今や「Kylie Cosmetics」というブ ランドを立ち上げた実業家として注目さ れているカイリー・ジェンナー(21 歳)が オーストラリア版『ヴォーグ』の表紙を飾 った(1)。中面では、姉でモデルのケンダ ル(2、左から2人目)がインタビューをし、 ビジネスのアドバイスは、母親でカーダシ アン/ジェンナー家の家長であるクリス (2、左端)が誰よりも聡明で正しい、と姉 妹が語っている。ラッパーのトラビス・ス コット(3)との間に娘をもうけたばかりの カイリーは、娘を通じて未来の美容や、自 信を持つことの大切さについて、より深く 考えるようになった、とも。リップキット が生まれた背景には、子どものころから自 分の唇に対するコンプレックスがあった から、と語るカイリー。史上最年少のビリ オネア(資産総額1000億円以上の)実業 家として『フォーブス』誌の表紙を飾った ばかりで、目が離せない。(9月号) From VOGUE ARABIA…

access_time1 minuti
18歳で結婚したダイアン・アーバスが生きた、 ポートレイト写真の変革者としての冒険。

PHOTO SHOOTING 1968 Diane Arbus ダイアン・アーバス 1923年ニューヨーク生まれ。兄と妹がいる。父の百貨店のファッ ション画家にスケッチを学び始めた14歳の時にアラン・アーバス と出会い、18歳で結婚。二人の娘ももうけた。結婚後にベレニス・ アボットより写真を学び、夫と始めた商業写真スタジオで二人で ファッション写真を撮影、『ヴォーグ』の撮影も行う。写真家リゼ ット・モデルに師事したことで刺激を受け、50年代後半より個人 の作品を発表し、1969年に夫と離婚。1971年、自殺により48歳で 他界。翌年、ニューヨーク近代美術館で回顧展が開催される。 写真家ダイアン・アーバスが育った のは、マンハッタン、セントラルパー クが目にできる高級マンションだった。 家には乳母や料理人、運転手がいた。 毛皮店を経営するラセックス一族の 娘として生まれた母と、彼女と結婚し て百貨店の経営で手腕を発揮した父。 五番街にもつ店舗に新着ファッション を見に出かける母について、ダイアン もリムジンに乗った。上品なエナメル の靴を履き、よちよち歩きで店内を歩…

access_time2 minuti
個性か、温故知新か。 ますます充実する 東京チャイニーズの今。

O2(オーツー) 3月オープン。店名はシェフの名字「大津」から。ワインはインポーターの友人に選んでもら った自然派。グラス売りが10 種類ほどと豊富。¥700~。予約は利用1カ月前から電話で。 13:00~17:00のみ。予約で満席でなければフリーでも入れる。21時過ぎ頃から席が空けばア ラカルトでも楽しめる。◦東京都江東区三好2-15-12 ☎03-6458-8988 営18:00~23:00L.O. ㊡月曜(不定休あり) カウンター6席、テーブル8席。 犬養裕美子 レストラン・ジャーナリスト。「この夏、初めてプロヴァンスへ。マルセイユで美味しそうな 店を発見。シェフによると、パリで10年修業して戻り、6月にオープンしたばかり。しかも、 私の師匠(フランソワ・シモン氏)の取材も受けたという。我ながらニューオープンを探す センサーはどこに行ってもちゃんと働くとちょっとうれしくなった。店の名は『OUREA』」 ここ数年、東京の中国料理店が充実している。 料理人の個性が感じられる店が増えている。大型 店で修業した若手が独立時期を迎えているからだ。…

help