探検マイライブラリ雑誌
カテゴリー
  • アート・建築
  • ボート・飛行機
  • ビジネス・経済
  • 自動車・モーターバイク
  • セレブ・ゴシップ
  • Comics & Manga
  • クラフト
  • 文化・文学
  • 家族・育児
  • ファッション
  • グルメ・ワイン
  • 健康・フィットネス
  • ホーム・ガーデニング
  • ハンティング・釣り
  • 子供・ティーン
  • 高級品
  • 男性ライフスタイル
  • 映画・テレビ・音楽
  • ニュース・政治
  • 写真
  • 科学
  • スポーツ
  • テクノロジー・ゲーム
  • 旅行・アウトドア
  • 女性ライフスタイル
  • アダルト
おすすめ
探検マイライブラリ
 / アート・建築
LANDSCAPE DESIGN ランドスケープデザイン

LANDSCAPE DESIGN ランドスケープデザイン No.123

『LANDSCAPE DESIGN』the magazine provides timely information on built landscapes and new techniques for ecologically sensitive planning and design with photographs and graphics ,in Asia and all over the world ;useful for landscape architects or garden designers and housing ,building ,city ,sevlal constructors ,monument ,sculpture, etc. ※In the subscription, 7 issues are suuplied by the signle price for 1 year (6issues) . 『LANDSCAPE DESIGN』は、暮らしの景観・環境をテーマにした日本で唯一の専門雑誌です。国内はもとより海外の話題や事例を通して、よりグローバルな視点で編集し、美しい写真を豊富に取り入れたビジュアルマガジン。造園、建築、都市計画、土木、アート、デザイン、まちづくり関係者など幅広い分野で景観・環境に携わる専門家に向け情報発信をしています。※定期購読は1年間(6号分)の価格で7号分をお送りします。

:
Japan
言語:
Japanese
出版社:
Marumo Publishing Co., LTD.
もっと読む

この号

6
川和保育園移転計画 里山を残し、活用する方法を探る

出席者 井出敦史×加藤克彦×関さやか×田瀬理夫 (sum design) (tenjin studio) (sum design) (プランタゴ) 司会進行=丸茂 喬(マルモ出版代表取締役) 写真・資料提供=sum design、アトリエR 畑 亮*、編集部** 【Disscussion】 Kawawa nursery school relocation plan Exploring ways to utilize SATOYAMA [attendees] Atsushi Ide ×Katsuhiko Kato × (sum design co., ltd.) (Tenjin Studio Co., Ltd.) Sayaka Seki ×Michio Tase (sum design co., ltd.) (PLAMTAGO Inc.) Moderator: Takashi Marumo [CEO of Marumo Publishing Co., Ltd.] Photos and Materials Provided by sum design co., ltd.、…

3
ajirochaya から 人と街の新しいつながり方を考える

三島由樹 株式会社フォルク代表取締役。 1979 年八王子市生まれ。慶應義塾大学環境情報 学部卒業。ハーバード大学大学院デザインスクー ル・ランドスケープアーキテクチャー学科修了。 マイケル・ヴァン・ヴァルケンバーグ・アソシエーツ (MVVA)ニューヨークオフィス、東京大学大学院 工学系研究科都市工学専攻助教を経て、2015 年 株式会社フォルク設立。都市・地域・パブリックス ペース・コミュニティに関するプロジェクトに国内外 で取り組みながら、慶應義塾大学、芝浦工業大学、 千葉大学、東京大学、日本女子大学、前橋工科大 学にて非常勤講師を務める http://www.f-o-l-k.jp 三島由樹氏は、ランドスケープアーキテクトとして、人と人、人と街をゆるやかにつなぐ場のデザインを心掛けていると話す。 ajirochayaのプロジェクトでは、「無色であり多色の庭」という考え方と、老舗茶舗を営んでいるクライアントの「ここを茶屋のよう な場所にしたい」との言葉を起点とし、オープンスペースのこれからの社会におけるあり方を具体のデザインで示すことを試みた。…

1
tenants in “ajirochaya”

自然に何かが始まるajirochaya 話=網代邦子氏(株式会社網代園) 蔵を残したい バブル時代の前から、この周辺ではマンショ ンがどんどん建てられていました。この網代園 も終戦直後に建て直した建物でずっと営業 を続けてきており、老朽化も進み建て直しが 必要であることは分かっていたのですが、な かなか踏ん切りがつかないでいました。と言 いますのも、創業以来使われている古い蔵 がふたつあり、その蔵を壊して四角い建物を 建てることに抵抗があったのです。 そんな時に、ある勉強会でお世話になった 先生(田中正國氏)から蔵を曳いて残す方 法があることを教えていただきました。その 後、群馬県で蔵の改修をされた若手建築家 (松葉邦彦氏)が八王子出身ということでご 縁がつながり、明治から平成の4つの建物 が混在する斬新な建築が実現しました。そ の松葉先生が三島さんをご紹介してくださり、 今のような素晴らしいガーデンと、甲州街道と ユーロードをつなぐ路地が出来上がったので す。関わってくださったすべての皆様に感謝 しています。 テナントさんが始めたイベント 2017…

3
地域を醸す

地域の感性豊かな人財や美しい自然、文化、伝統、食、そしてエネルギー。これら地域に内在する力、すなわち「地元力」を見直し 必要であれば作り直し活性化することで、新たに持続可能なコミュニティの創造を目指す。この過程を合同会社EDGE HAUSは 「地域を醸す」と表現する。故に、彼らが目指すのは「顔が見える、おかげさまサイズのローカルコミュニティ」だ。それは油原氏自身 の体験から得た街づくりに対する考え方が色濃く反映されている。学生時代に青春を謳歌し、そして社会人として数年過ごした 中で、目の当たりにしてきた柏の市街地の変遷は、このままでは柏らしさを失ってしまいかねないという危惧を抱かせた。だからこそ こだわる「地元力」。その中でも、特に興味を惹いたのが“ 人財”であった。「柏には面白い人がいる。そんな人たちが集まれば、きっ と何かが起こる」。そんな思いから、面白い人たちが集まれるカフェをつくり、色々な人が集まれるような仕組みを考えた。案の定、 個性豊かな人たちが集まり、カフェ自体がひとつのコミュニティを形成した。特筆すべき点は、そのコミュニティが固まってしまい排…

3
コミュニティは 煙が立つように生まれるもの

写真提供=株式会社グランドレベル(特記を除く) 田中元子氏が代表取締役を務める株式会社グランドレベルは、1階に、地面に、ひとびとの営みを取り戻し、市民や企業、行政と ともに、そこにある問題を解決しながら、幸福的かつ健康的な「ひと・まち・日常」をつくることを目的としている会社である。 「1階づくりはまちづくり」をモットーに1階のグランドレベルがもっと人が佇める、発生する会話の多い場所になれば、子どもからお 年寄りまで、人々の小さな“やりたい”が、建物や施設など、あらゆる街の1階にあふれる。そのためには、人の気持ちに寄り添い、 間違いのないデザインが必要だと話す。 2018年1月にオープンした「喫茶ランドリー」は、同社の考えを反映し企画運営するカフェである。 ベビーカーも犬も車椅子も入店OK。来店者には、「店内では、基本自由にやりたいことをしてください」と伝え、また、 接客やサービスを効率化し、人とコミュニケーションが生じてしまうように設計されている。結果、ここでは日々、大小 さまざまな活動に利用され、その合間に自然と知らない人同士の会話が生まれ、コミュニティが育まれているという。…

1
コミュニティの力を高めて 災害に備える。

写真提供=株式会社コトブキ 災害や緊急時など特に初動においては近隣の人々がともに助け合う「共助」が重要である。 そのためには、日ごろからのつながりである「地域コミュニティ」は欠かせない。昨今の自然災害を目の当たりにし、防災に対する意 識が高まっていると考えられるが、では実際その状況になったときに人々はどれだけ冷静に対応できるかということにおいて、誰も が不安を持っているのではないであろうか。その不安をできるだけ小さくするために、自治会や町内会など地域コミュニティを中心 に防災訓練が活発に行われるようになったと聞く。そういった場を通じて、コミュニケーションをとり地域の繋がりがより強くなるこ とが期待できる一方で、昨今公園などに積極的に導入されている防災ファニチャーの使い方を体験することもいざという時のため には必要である。例えば、実際にかまどベンチを組み立て炊き出しをすることは、イベントとして楽しみながらいざという時の対処 方法とその使い勝手を確認できる。この防災ファニチャー体験はイベントとしての楽しみといざという時の備え、そしてより強い地 域コミュニティをつくる一助になると考える。…