探検マイライブラリ
searchclose
shopping_cart_outlined
exit_to_app
category_outlined / アート・建築
LANDSCAPE DESIGN ランドスケープデザインLANDSCAPE DESIGN ランドスケープデザイン

LANDSCAPE DESIGN ランドスケープデザイン No.124

『LANDSCAPE DESIGN』the magazine provides timely information on built landscapes and new techniques for ecologically sensitive planning and design with photographs and graphics ,in Asia and all over the world ;useful for landscape architects or garden designers and housing ,building ,city ,sevlal constructors ,monument ,sculpture, etc. ※In the subscription, 7 issues are suuplied by the signle price for 1 year (6issues) . 『LANDSCAPE DESIGN』は、暮らしの景観・環境をテーマにした日本で唯一の専門雑誌です。国内はもとより海外の話題や事例を通して、よりグローバルな視点で編集し、美しい写真を豊富に取り入れたビジュアルマガジン。造園、建築、都市計画、土木、アート、デザイン、まちづくり関係者など幅広い分野で景観・環境に携わる専門家に向け情報発信をしています。※定期購読は1年間(6号分)の価格で7号分をお送りします。

:
Japan
言語:
Japanese
出版社:
Marumo Publishing Co., LTD.
もっと読むkeyboard_arrow_down

この号

access_time1
山口ゆめ花博

開催期間:2018年9月14日~ 11月4日主催者:山口県、山口市、公益財団法人都市緑化機構運営主体:第35回全国都市緑化やまぐちフェア実行委員会メイン会場:山口きらら博記念公園山口から開花する、未来への種まき。 ~ 150年を振り返り、        次の150年につなぐ~ 9月14日から開催された第35回全国都市緑化 やまぐちフェアが、成功のうちに11月4日に閉 幕した。入場者数の目標を50万人以上として いたが、期間累計で延べ1,368,445人が山口き らら博記念公園に足を運んだ。 フェアは、明治150年プロジェクト『やまぐ ち未来維新』の中核イベントに据えられ、開催 テーマとして「山口から開花する、未来への種 まき。~150年を振り返り、次の150年につな ぐ~」を掲げ、明治維新150周年で盛り上がる 山口県を花と緑でさらに元気にしようとするも のである。 メイン会場となった山口きらら博記念公園の あるきらら浜は、国営干拓事業として1947年 に計画決定し、1965年に阿知須干拓地が完成。 1988年、山口県が国から払い下げを受け整備…

access_time1
花の谷ゾーンのフラワー・ランドスケープ

 維新150 年を記念した「山口ゆめ花博」は、2018 年9 月14 日から11 月4 日の52 日間きらら博記念公園を舞台に開催された。全体では53 万株の花苗が使用された。 テーマ毎に分けられたゾーンのひとつ「花の谷」の植栽エリアは約10000㎡。 栽培家の皆さんの協力を得、馴染みの園芸植物を中心に新品種や山口県産のユリ・リンド ウ等を含めた115 種12 万株の苗が7 月22 日に到着。酷暑の中で炎天下の作業が始 まった。 都市緑化フェアが目指す、緑による快適で豊かな暮らしがある街づくりのための啓蒙普及 には、身近な植物による具体的な空間の提案が有効な契機となるはず。 こうした花景観の『部分』が、街角や公園、沿道、庭先、コンテナにも活用されることを 期待している。花の谷は 5 つの庭のシンフォニー 花の谷は、調整池をはさんでなだらかに広がるおよそ 180m×80m の敷地。遮るもののないこの広大なスペー スを、いわゆる「一面の○○」にするわけにはいかない。 全体のまとまりと個々の庭の個性は相反するものだが、 互いに連係していなければならず、イベント会場ゆえに、…

access_time3
庭のパビリオンゾーン

庭のパビリオンゾーンは「造園の技と美の庭エリア」 「暮らしを彩る 庭エリア」 「未来提案の庭エリア」 「お茶する庭エリア」 「自治体出展 の庭エリア」の5つのエリアからなる。出展された庭はどれもしっかり とつくり込まれ、出展者のこのフェアに対する想いの強さが見る人に 感動を与えるほどの完成度であった。このフェアを通して緑の魅力、 造園の力を来場者に伝えたいと話す出展者の言葉からもその本気度 は充分に伝わってくる。さらにフェアでは新たな試みも行っている。 それは、出展作品の中に自由に入ることができることだ。来場者は、 庭園の魅力をより身近に感じ、中で休み、くつろぐことでさらにその 奥深さに気付かされ、想いを新たにするに違いない。造園力のPRと 普及効果を期待できる庭のパビリオンゾーンであった。【写真】 「健康の庭 Well-being Garden」 Re Garden:リ・ガーデン ~実家のお庭に、新しい命を。審査員特別賞受賞健康の庭 Well-being GardenRe Garden:リ・ガーデン ~実家のお庭に、新しい命を。(共同出展)山口大学医学部・山口大学医学部附属病院…

access_time1
「健康の庭」 re garden:リ・ガーデン ~実家のお庭に、新たな命を。

一般社団法人山口県造園建設業協会開発チーム株式会社岡田造園山口県防府市平和町16-10TEL. 0835-22-7121FAX.0835-22-1108E-mail:okada-g@c-able.ne.jp株式会社岡本常盤園山口県宇部市野中1-10-17TEL. 0836-21-6343FAX.0836-34-6522E-mail:okgarden@c-able.ne.jphttp://www.c-able.ne.jp/~okgarden/周南造園株式会社山口県下松市大字切山字山の神306-4TEL. 0833-47-2500FAX.0833-47-2501E-mail:info@midorino-eki.nethttp://www.midorino-eki.net株式会社多々良造園山口県山口市吉敷上東3-6-7TEL. 083-922-3309FAX.083-922-6962E-mail:info@tatara-zouen.comhttp://www.tatara-zouen.com株式会社戸坂造園土木山口県宇部市大字東岐波3242TEL.…

access_time1
landscape works 2018

● ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所●レジーナリゾート旧軽井沢戸田芳樹風景計画● 女神の森 セントラルガーデン竹中工務店●水郷佐原あやめパークグラック● さくら認定こども園さくら幼稚園コト葉 LAB.●ナーサリールーム ベリーベアー深川冬木STGK● パッシブタウン設計組織プレイスメディア●新業觀峰景觀工程高野ランドスケープ・プランニング台湾支店● アルカディアコート莆田アネトス地域計画●北京NUOホテル建王設計…

access_time3
ダブルツリーby ヒルトン沖縄北谷リゾート 沖縄県中頭郡北谷町 doubletree by hilton okinawa chatan resort chatan-cho, nakagami-gun, okinawa

ランドスケープデザイン=光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所 写真=中村 隆(株式会社川澄・小林研二写真事務所)、    山本慶太(株式会社ナカサアンドパートナーズ)*Landscape design by Jun Mitsui & Associates Inc. Architects Photos by Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office, Nacása & Partners Inc.(*)全体計画とランドスケープ2つのプロジェクトの経緯北谷町フィッシャリーナ地区(以下フィッ シャリーナ地区)開発との関わりは、ヒルト ン沖縄北谷リゾート(以下ヒルトン北谷)の基 本デザインを始めた2012年に遡る。当時この 地区は、埋め立てが終わってしばらく経過し た時期で、近隣には商業施設「美浜タウンリ ゾート アメリカンビレッジ(以下アメリカン ビレッジ)」と小さな観覧車以外は何もない 状態であった。ヒルトン北谷の計画を始めた 時には、緑と水の楽園で、周りからは切り離 された“アイランド”のような場所を作ろうと…

help