SEKAI BUNKA PUBLISHING INC.

shopping_cart_outlined
category_outlined / ファッション
MEN'S EX メンズ・イーエックスMEN'S EX メンズ・イーエックス

MEN'S EX メンズ・イーエックス April-2018

スーツスタイルを中心としたミドルエイジのファッション誌。男のお洒落を、どこよりも詳しく、やさしく紹介します! Japanese men’s fashion magazine

:
Japan
言語:
Japanese
出版社:
SEKAI BUNKA PUBLISHING INC.
もっと読むkeyboard_arrow_down

この号

access_time1
切り替えタイ さりげなく

No01 HERMÈS エルメスのタイ 計算された配色が 大人のセンスを醸し出す 上品でコンサバティブな装いが 決まっている男性の、あくまでさ りげない遊び心、それが垣間見ら れると、思わずグッとくる。しかし 遊び心のセンスある利かせかたは簡 単ではない。今回エルメスのシル クタイに、その加減のいいヒント を見つけた。 華やかでウィットに富んだ色柄 に長けたエルメスだが、今回は色 の配置が鍵。タイを締めた際にノ ット側と剣先側とで色の切り替え があるデザイン(写真右&中)、ま たは1本で4色の切り替えがあり アレンジが多様に楽しめるデザイ ン(左)だ。柄の面白さで魅せるの とも違う、どことなく新鮮さを放 つ〝配色技〞。風合いや色みの上質 感もあいまって、工夫ある色彩セ ンスを演出できそうだ。さりげな くお洒落心をアピールしたい、そ んな装いの切り替えはエルメスに頼 るのが得策かもしれない。 Vゾーンの見え方は あくまでシック 写 真 上 ・ 中 央 の タ イ を 着 用 。 ジ ャケットを閉じれば、まるでタイ バーを挿したように横のライン が効いてくる。鮮やかな色やモ…

access_time1
復活、〝やさしい〞 ベルヴェスト

No02 BELVEST ベルヴェストの ジャケット 着心地も、着こなしも、 懐にもやさしい イタリアン・テーラリング最高 峰の一角、ベルヴェストに、実は エントリーシリーズがあるのをご存 じだろうか? こちら、イタリア本 国でも一流ビジネスマン御用達で ある同社が、将来のエグゼクティ ブとなる層に向けて打ち出したもの。 副資材の少ない軽快なアンコン仕 立てと、仕上げに製品染めを施し ているのが特徴で、寛いだ着心地 が魅力だ。これ一着で様々に着回 せるようにも配慮されていて、タ イドアップはもちろんノータイやポ ロシャツにも馴染むよう着丈やシ ルエットが調整されている。そして、 副資材を省いたことにより、結果 的にかなりお値ごろになっている点 も見逃せない。 ここ数年、日本展開がほぼなか ったのだが、今季待望の復活。着 心地イージー、着こなしカンタン、 懐にも良心的な〝やさしい〞ベルヴ ェストに再注目だ。 ※ベルヴェストの商品のお問い合わせ先は、 トゥモローランド…

access_time1
すました顔して 諸芸百般

No03 POLO RALPH LAUREN ポロ ラルフ ローレンの ステンカラーコート 仕事上での上品さを保つためジ ャケットを羽織ることを考慮し たセットインスリーブ仕様。身 頃やアームホールに余裕を持た せた仕立ては、上着に羽織っても 窮屈に感じない。4万4000円 スーツ11万5000円、シャツ1万50 00円、タイ1万4000円 春ビジネスの装い改革は 定番コートから 春の足音が少しずつ聞こえてき た。新生活をスタートさせる人、 心機一転、新年度を頑張ろうと意 気込んでいる人。一年の切り替わ りの時期だからこそ、ファッショ ンを一新してパリッとスタートを 切りたい。春の柔らかい日差しに 映えるステンカラーコートは、ビジ ネスシーンでスーツの上から羽織 る主役級アイテム。春服のアップ デートの手始めには格好だ。一見 シンプルだが、機能満載で快適な のに上品に見える。スポーツ&エ レガンスの融合を得意とするラル フらしい一着なのだ。一日の大半 を外回りで過ごす営業マンは特に、 急な天候の変化や訪問先での荷物 の増加など、様々な事態を想定内 とする機能性重視の服装が求めら…

access_time1
本当は、カバンです。

No04 GUCCI グッチの ラゲージ ランドリーバッグに想を得た、ラ バー製のラゲージ。色はピンク、 イエローのほか、ブラック、ライ トブルー、レッドも。縦34×横39 (53)×マチ25.5㎝。各11万円 ラゲージに入れたパーカー25万 円、ニット13万円/以上グッチ 意外性と楽しさを生む、 グッチが投じた変化球 ポンと脱ぎ捨てた衣服の行き先、 溜めがちな愛読雑誌が積みあがる 場所、釣りに行こうと道具や着替 えを車に持ち込む荷物入れ……。 もし、それらがカラフルなグッチの 〝バケツ〞だったら、日々の雑多な ものもお洒落に見違えるのでは? こちら、グッチの新作バケツ、も といラゲージである。素材はラバー、 色はポップ。ブランドロゴが堂々と 正面に配されているのも愛嬌満点。 最高の愛着を込めて、あえてバケ ツバッグと呼びたくなる。形は至っ て単純だが、インテリアにも車内 にも、はたまたビーチシーンにま で〝カバン〞の概念を越えて馴染ん でくれる。シンプルって最強、遊 び心は偉大。意外な形でラグジュ アリーを楽しませてくれる、グッチ の変化球は、要注目だ。 一家にひとつ?…

access_time1
もう手放せない、 比翼のワニ

No05 LACOSTE ラコステの パリポロ しっかり立つ台襟+比翼仕様の 新作。"パリ"の名は、ウィークデ イにもポロシャツを上手に着こな すフランス人のスタイルをイメ ージしたことから。各1万4000円 左:ジャケット18万5000円 /カ ルーゾ、パンツ1万6000円/ユナ イテッドアローズ(以上ユナイテ ッドアローズ 六本木ヒルズ店) ベルト、チーフ〈スタイリスト私 物〉 右:パンツ2万4000円/ソ リード(ビームス ハウス 丸の内) メガネ2万7000円/スーパー by レトロスーパーフューチャー(ブ リンク・ベース) 時計〈スタイリ スト私物〉 こんなドレスポロ、 ずっと探してました。 "天にあっては願わくば比翼の鳥、 地にあっては連理の枝⋮⋮"。互い に欠かすことのできない理想の夫 婦を謳った、中国詩の名節である。 話は変わって上のラコステ。まさ しくM.E.世代の着こなしに欠かせ ない定番ポロ⋮⋮と思いきや、良 く見るとフロントのボタンが隠され た"比翼"仕立て。ブランド創立 85 周年を記念して作られた新作で、 小襟も相まって、通常モデルより…

access_time1
日本の足元に 春の風情を

No06 ONITSUKA TIGER オニツカタイガーの タイガーアリー サクラゾメ 1980年代のジョギングシューズ 「アライアンス」をデザインベー スとしたシューズ。ヒールカウン ターによる踵の安定性と、 fuzeGELによるクッション性が 特徴。履き心地とスタイルが調 和した一足。1 万9000円 もの柔らかな桜色の裏に 職人の技術が宿る 花は咲いてこそ花。儚くも美しい 桜は古今和歌集の時代以来、日本 人の心象風景に深く刻まれてきた。 今回、世界中のスニーカー好きか ら支持を集めるジャパンブランド、 オニツカタイガーが注目したのも 桜だ。本物の桜を使った国産の草 木染レザーを初めて採用。大人の 休日コーデに和らぎを添える淡い ピンクのスニーカーが誕生した。染 めを手がけるのは、草木染製品の 生産をおこなう日本企業、マイト デザインワークス。天然物だけを 用い、染めの工程は全て手作業で 行うというこだわりをもつ。日本 製にも力を入れるオニツカタイガー らしく、日本の技術と日本ならで はの風情を感じさせる自然とを共 鳴させ、この春、足元に華を添え る一足が完成した。…

help