탐색내 라이브러리
searchclose
shopping_cart_outlined
exit_to_app
category_outlined / 예술 및 건축
AXIS アクシスAXIS アクシス

AXIS アクシス vol.194_August-2018

『AXIS』は、デザインをカタチとしてだけではなく広く文化やコミュニケーション、ビジネスの一端を担うものとして捉えてきました。デザインの重要性が叫ばれる現在もその姿勢に変わりはなく、デザインをあらゆる方面から考え、新たな社会やライフスタイルを展望し、時代をつくるクリエイティブな読者に提案していきます。※定期購読は年間6冊となります。 AXIS Magazine has taken design to be a driving force behind culture, communication and business as well as form. Design has recently been proclaimed as a socially important endeavor, and we will continue to consider it from various directions, exploring and proposing new social relations and lifestyles to our creative readers engaged in shaping the times in which we live.*subscription - 6 issues per year .

국가:
Japan
언어:
Japanese
출판사:
AXIS Inc.
Read Morekeyboard_arrow_down
잡지 구매
₩18,196
구독
₩84,913
6 발행호

이번 호 내용

access_time1 min.
ベンチャーキャピタル流デザイン講

第七講事業目標とクリエイティブの両立 「北欧、暮らしの道具店」を運営す るクラシコム。同社がユニークなの は、ECを事業の中心に置きながら、 商品、コンテンツ、コミュニティと いったさまざまなプロダクトを通じ て“モノ”ではなく“価値”を売る会 社であるということだ。今回は経営 者で兄妹でもある青木耕平氏(代表 取締役)と佐藤友子氏(取締役)の ふたりに話をうかがい、一貫性のあ る世界観をデザインし、スケール化 や収益性といった事業目標とクリエ イティブの質を両立する秘訣に迫る。EC事業で扱う商品、テキストコ ンテンツ、コミュニティイベント、短 編ウェブドラマなどさまざまな展開 を行う同社で一貫した世界観が醸成 される背景には、「お客さまが『北欧、 暮らしの道具店』に来たくなる、そ の動機に仕えることが第一で、パッ ケージング(商品、コンテンツ、コ ミュニティなどプロダクトとしての 提供形態)に対しては柔軟に」とい う姿勢がある。青木氏は主に「経営 とコンセプト」を、佐藤氏は「コン セプトとプロダクト」を担当し、役 割分担をしながらも、経営(Big D) とプロダクト(Small…

access_time1 min.
creative work styles クリエイティブ・ワークスタイル

デザイナー、芸術家、職人、起業家、科学者やエンジニアなど、クリエイターと 呼ばれる人たちは、自身が創造的であるための環境や仕組み、道具そのもの から自らの手でつくりだす存在です。働き方改革が叫ばれ、働くこととそうで ないことの境界が問い直されている昨今において、彼ら・彼女らが実践する 創造的な営みに、「働く」にまつわるすべての人にとってのヒントがあるので はないでしょうか。個性を発揮する仕組みやツール、創造性を引き立てる 個と集団のあり方など、さまざまなワークスタイルの今に迫ります。Those who are called creators including designers, artists, artisans, entrepreneurs, scientists, and engineers, are people who create the very environments, systems, and tools for themselves to be creative. Nowadays when work style reform is being called…

access_time8 min.
個人と組織のあり方を問う、 party の一手。 an approach by party: questioning the relationship between an individual and organization

More and more companies are setting up their headquarters or satellite offices in Kamakura as a place that gives a taste of nature and history in addition to a reasonable sense of distance from the center of Tokyo. One of them is a creative group called PARTY. Examining the background of establishing its unique office opened in late May, a clue to future relationships between work style and creativity comes into view.図書館のように開放的な空間と、おびただしい数の個人ロッカーボックスが印象的なHOJO SANCI。デスクスペースは月3万円から用意する。The open…

access_time8 min.
2 独立後のクリエイターが模索する リアル・ワークスタイル。 real work styles pursued by creators after turning freelance

We visited an office called B1-D that is shared by three creators working in different fields—Graphic designer Ken Okamoto, architect Yoshitaka Miyauchi, and book director and editor Hiroyuki Yamaguchi—and listened to their ideas and imaginative approaches to their respective work styles, from ways to creating an organization that enhances creativity to how to switch between “on” and “off.”共有のメインオフィス扉。目印は「B1-D」と書かれた紙のみ。Door to the shared main office. The sign B1-D is written on a piece of…

access_time3 min.
3 組織の創造性を広げ、可視化するツール

What are creative ways of working that become visible through the visualization of resources from inside and outside the company, and by quantifying the individual’s ability to concentrate? Introduced below are innovative endeavors by two companies that are endeavoring to generate creativity throughout their organizations. 「プロジェクトの進捗に合わせて今日やるべきタスク を知らせてくれる」「クライアントのオーダーに合わせて 最適なチームを提案してくれる」など、これらは、アマナ が創業40周年となる2019年に実現を目指す、AIを活 用した働き方の未来像だ。 1979年に広告写真制作会社として創業したアマナは 現在、コンテンツ制作を中心とした「ビジュアルコミュニ…

access_time5 min.
4 仕事も働き方も、 自分でデザインするのが面白い。 the fun of designing your own work and even your work style

Discussions regarding work styles were not as common as today and there was not much reality in remote work and multi-residence living six years ago. Hiroshi Ito has been proposing and practicing a work style called Nariwai (trade), which suggests that if it is possible to create work by yourself and execute it on a manageable scale, your brain and body can be strengthened and you can even make friends. We talked to Ito about the appeal of collaborating as needed with others with whom he…

help