EXPLOREMY LIBRARY
Art & Architecture
商店建築 SHOTENKENCHIKU

商店建築 SHOTENKENCHIKU 2018年2月号 No.782_Feb-2018

SHOTENKENCHIKU is the only magazine which has been dedicating to Japanese store design and commercial architecture since 1956. The magazine offers readers the very latest interior designs of restaurants, hotels, fashion stores, hair salons, etc with many pictures, detailed floor plans and information of main materials. It is considered to be a must-read for architects, interior designers. 「商店建築」は、レストラン、ホテル、ファッションストアなど最新のストアデザインを、豊富な写真で紹介する専門誌。デザインコンセプトや図面、仕上げ材料など、インテリアデザイナーや建築家、店舗開発に携わるすべての方に有益な情報が満載です。1956年の創刊以来、日本の商空間、店舗デザインを記録し、国内外に発信し続けています。

Country:
Japan
Language:
Japanese
Publisher:
SHOTENKENCHIKU-SYA PUBLISHING CO., LTD.
Frequency:
Monthly
Read More
BUY ISSUE
$18.86
SUBSCRIBE
$207.46
12 Issues

in this issue

1 min.
website new opened!

インテリア業界に特化した求人情報サイトがオープンしました! 『id,job(インテリアデザインジョブ)』は、住宅・ インテリアを中心に心地よい住まいづくりを 提案するハイエンドライフスタイル誌『I’m home.』と、国内外の優れたインテリアデザ イン、店舗デザインを紹介する月刊誌『商店 建築』を発行する商店建築社が運営する、イ ンテリア業界に特化した求人情報サイトです。 インテリアデザイン事務所、設計事務所、施 工会社、インテリアショップ、インテリアコー ディネーターなど、インテリアに関連するさまざまなお仕事の求人情報を掲載します。 本サイトの特徴 1/インテリア業界に特化した求人情報が充 実!インテリアに関係するお仕事だけを厳選 して掲載しているため、インテリア業界への 就職、転職をお考えの方にマッチした求人情 報がお届けできます。 2/優良求人情報が豊富に掲載されています! インテリア業界で強い影響力のある雑誌『商 店建築』と『I’m home.』が長年培ってきた コネクションをもとに求人情報を集めます。 他の求人サイトには掲載されないお仕事も…

1 min.
郊外オフィスで「デザイン」を地域活性化につなげる

パ リ市内の地価は高 騰のピークを迎えた と言われる。ただ、 横ばいよりやや上昇気味という のが現状だ。オフィスの立地と して考えた場合、パリ市内の地の 利の良さは魅力だが、地価が高く、 家賃がかさむ。だから、郊外にオ フィスを構えて、郊外だからこそ できる、デザインによる地域活 性化に取り組んでいるデザイン 事務所がある。2003年から、パ リ北部近郊サントゥアンにオフィ スを構え、グラフィック、プロダ クト、空間などのデザインを手掛 ける企業、Saguez & Partners(サ ゲーズ& パートナーズ)だ。 エコロジーとコミュニティー を生む新社屋 まず、サントゥアンという地域 について説明が必要だろう。大き な根底には、パリとイール・ド・フ ランス圏の長期にわたる、インフ ラ構造と都市開発計画を改善して いく「グラン・パリ・プロジェクト」 がある。その中で、サントゥアン 地域は過去に産業地帯であった。 サゲーズ& パートナーズの面積 4500㎡の新社屋「Manufacture Design(デザイン工場)」も、鉄道…

1 min.
料理人にとって店づくりのステップとなる 「ワンデイ・レストラン」

ア メリカ・ニューヨー クで、若干23歳の フリーの料理人、 ジョナ・レイダーが話題を呼ん でいる。彼は、友人の家を訪れ ては、独創的な料理を手掛けて いる。専門学校で料理を学んだ ことはなく、レストランでの下 積みの経験もない。しかし、昨 年大学を卒業した後、フリーラ ンスの料理人としてウォール ストリートジャーナルなど数々 のメディアの取材を受け、今や ウェーティングリストに4000 人の名前がリストアップされて いるという。 自己資金でレストランを開く ことは、至難の業だ。更に人件費、 光熱費などの運営コストを考え ると、「自分の店を持つ」ことは 見果てぬ夢と思えるかもしれない。 それならばと、出張料理人とし ての道を選ぶ料理人も少なくな い。ただ、クライアントありき の出張料理は、必ずしも自分の 思い通りの皿を出せるわけでは ない。依頼が多いのは、企業な どクライアントのパーティーや、 ポップアップイベントのための 料理で、しっかりメニューを組 み立てて……、という訳にはな かなかいかないだろう。そこで、ロンドンやニューヨークを始め 日本でも、単なるケータリングで…

1 min.
錯覚によって浮かび上がるリアル

会期/ 2017 年11 月18 日~ 2018 年4 月1 日 会場/森美術館(東京・六本木) 東 京・六本木の森美術 館で、「レアンドロ・ エルリッヒ展:見る ことのリアル」が開催されている。 アルゼンチン出身の現代アーティ ストであるレアンドロ・エルリッ ヒ氏による過去最大規模の個展 だ。エルリッヒ氏の作品の多く は、錯視を利用した体験型のも の。金沢21世紀美術館に恒久設 置された「スイミング・プール」 や、建物のファサードの実寸大模 型を床面につくり重力に逆らう ような体験ができる「建物」など が代表作である。本展では44作 品が展示され、そのうちの37点 が日本初公開となる。 企画意図について、森美術館の キュレーターである椿玲子氏は「作 品を前にしてまず驚きを感じ、観 賞するうちにその仕掛けを発見す る。そのプロセスを通して、目の 前にある現実が実は錯覚によって 見えていたイメージだと気付きま す。インターネットを始めとして、 虚実が入り交じる現代にこそ、与 えられる情報ではなく自らで感じ る現実を獲得することが重要なの ではないでしょうか」と話す。…

1 min.
back number

定期購読のご案内 送料無料でお届けいたします。弊社ウェブサイトからお申し込みいただいた方には、デジタル版を無料※で12冊プレゼント!! 定期購読料:25,200円(12冊・税込) ※定期購読を新規・継続でお申込みいただいた方(メールアドレスの登録が必要です)は、Zinio(ジニオ)社提供のデジタル版が無料で閲覧できます。 詳細は弊社ウェブサイトをご覧ください。www.shotenkenchiku.com デジタル版 無 料 PRESENT!! Jan. 2018 1月号2,100円(税込) 新作 ザ・リッツ・カールトン ランカウイ 新年特別企画1 ホテルシーンに新風を吹き込む 新規参入企業インタビュー 新年特別企画2 商業空間のアイデアを公共空間に生かす 業種特集1 日本料理店 業種特集2 ヘアサロン 大徳会席 設計/odd 撮影/Even 2本の新年企画をお届けします。新規性と話題性のある 宿泊施設を生み出している、宿泊業界に新規参入してき た6社にインタビュー。座談会「商業空間のアイデアを 公共空間に生かす」では、公共性の高い空間ににぎわい…

4 min.
dining & bar table 9 tokyo

DINING & BAR TABLE 9 TOKYO Designer Yasuhiro Koichi / DESIGN STUDIO SPIN 設計/デザインスタジオ・スピン 小市泰弘 渡邊和寛 小見山真美 協力/照明計画 ヌーサデザイン 工芸装飾 三才 村山木工 後藤社寺飾金具製作所 スタジオ サワダ デザイン マリエンバード工房 木材 米澤製材所 アートコンサルタント キー・インターナショナル サイン ミカンデザイン ユニフォームデザイン アートマージナル 施工/ J.フロント建装 時間・空間の「うつろい」を感じる エキサイティングな食空間 「DINING & BAR TABLE 9 TOKYO(ダイニ ング & バー テーブルナイントウキョウ)」は、九 つのエリアが集積してできたエキサイティング な食の空間であり、多様なニーズに対応した、 マルチファンクションエンターテインメントスペー スである。東京の玄関口であり、多くの人が行 き交いエネルギー溢れる品川駅に隣接し、東京 の景色を360度望める希少なロケーションにあ る。「品川プリンスホテル」の最上階という場所…