EXPLOREMY LIBRARY
Art & Architecture
商店建築 SHOTENKENCHIKU

商店建築 SHOTENKENCHIKU 2017年7月号 No.775_July-2017

SHOTENKENCHIKU is the only magazine which has been dedicating to Japanese store design and commercial architecture since 1956. The magazine offers readers the very latest interior designs of restaurants, hotels, fashion stores, hair salons, etc with many pictures, detailed floor plans and information of main materials. It is considered to be a must-read for architects, interior designers. 「商店建築」は、レストラン、ホテル、ファッションストアなど最新のストアデザインを、豊富な写真で紹介する専門誌。デザインコンセプトや図面、仕上げ材料など、インテリアデザイナーや建築家、店舗開発に携わるすべての方に有益な情報が満載です。1956年の創刊以来、日本の商空間、店舗デザインを記録し、国内外に発信し続けています。

Country:
Japan
Language:
Japanese
Publisher:
SHOTENKENCHIKU-SYA PUBLISHING CO., LTD.
Frequency:
Monthly
Read More
BUY ISSUE
$18.86
SUBSCRIBE
$207.46
12 Issues

in this issue

1 min.
eコマースの隆盛にサバイバルを賭ける デパートの集客アップ作戦

2 016年はアメリカにとっ てe コマース急成長の 年となった。売上額は 前年比15.6% 増の4000億ドル で、小売り全体の11.7%を占め るに至っている。現代の消費者 はスピードと便利さを求めており、 その消費パターンは急速にオン ライン方向へとシフトしている。 もちろん、デパートを始めとする 従来型リテイラーもそれを見越 してオムニチャネル化を推進し てきたが、変化が予想以上のス ピードとスケールで進行したため、 残念ながら対策が後手に回って いる感は否めない。例えば、「メー シーズ」や「ブルーミングデー ルズ」、「ノードストロム」などの 主要デパートチェーンの場合、オ ンライン部門の強化に邁進した 甲斐あって、16年のオンライン 売上高は増加したものの、その 上昇分が実店舗の落ち込み分を カバーするに至らず、総合的に はマイナス成長に終わったという。 食い合う オンラインとオフライン これに関連するニュースとして、 この4月にブルーミングデール ズ本店の販売員が賃金体系改定 を求めて蜂起した例がある。元 来、販売員は売り上げベースの 歩合給であり、店頭がショールー…

1 min.
ポップアップ時代のスカルプチャー信仰

「イ ンターネットで最 新のコレクション を見ることができ て、e コマースでどこでも商品を 購入できる社会になって、店舗 というものに皆があまり期待し なくなっているのでは」と話し たのは今月号143ページでイン タビューした「OFF-WHITE」の デザイナー、ヴァージル・アブ ロー。彼のコメントを引用する までもなく、リアル店舗でのファッ ションの消費は苦境に立たされ ている。そんな時代の中でオー プン初日に2000人を超える行 列、開業18日目で150万人の来 館者を動員した「GINZA SIX(ギ ンザシックス)」(P.50、以下G6) は、いみじくも“ 話題性” の重要 さを印象付けた。 KENZO、 ギンザシックス・ グランドオープン そのG6に出店しつつも施設オー プンから約1カ月後に正式なグ ランドオープンイベントを行い、 話題を集めたのがKENZO(ケン ゾー)だ。昨年、日本法人から LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィ トン)グループの本国完全子会 社となった同ブランドは、メゾネッ トで出店しているLVMH グルー プのディオール、ロエベ、フェン…

1 min.
心も体も健康になる、設計事務所が街に開く“社食”

社 員食堂のイメージを 一新したのは、レシ ピ本「体脂肪計タニ タの社員食堂」の大ヒットだろ う。管理栄養士が考案した、低カ ロリーで塩分控えめでありなが ら、食欲をそそるメニューが並ぶ。 そんな新しい社食を取り入れる 会社が増えている。そうした“ 社食” を提供できるのは社員数の多い 大企業だけかと思われていたが、 今年春に東京で二つの設計事務 所が、街に開いた“ 社食” を相次 いでオープンした。 食堂のすべてが 自社ショールーム JR原宿駅から徒歩3分ほどの観 光客でにぎわう竹下通りを1本 入った場所に、今年4月「リラッ クス食堂HARAJUKU」がオープ ン。ホテルや飲食店の企画、設計、 運営を手掛けるUDS が、オフィ ス移転に伴い、同じビルの1階に 開店した。自然光が降り注ぐ明 るい店内には、レジカウンター の前に物販スペースがあり、そ の奥に客席が広がる。 なぜ街に開いた社食を開こうと 考えたのか。同社事業企画部の黒田哲二さんはこう話す。「オフィ ス移転の計画段階から街に開い た社員食堂を開きたいと考えて いました。栄養バランスのとれ た食事で社員の健康を維持する…

1 min.
モノの集積が生む価値をつなぐ

キュレーション/熊谷彰博 会場構成/設計事務所ima 会期/ 2017 年4 月29 日~ 6 月4 日 会場/ six factory(東京・自由が丘) 2 016年3月に急逝した デザインディレクター・ 柳本浩市氏の追悼展が、 東京・自由が丘で開かれた。幼少 の頃から多様なジャンルのもの を収集し、それを整理し関連付け ることで、ものの背景にある文脈 を考察していた柳本氏。そこか ら得た知見を元に、出版や商品開 発、展覧会や店舗のディレクショ ンなど幅広い活動に携わり、晩年 は自身を「アーキヴィスト」(収集・ 整理によりその価値を見極めて アーカイブをつくり未来へ発展 させる者)と言い表していた。 生前親交の深かったデザイン関 係者らにより企画運営された本展。 キュレーションを担ったデザイ ナーの熊谷彰博氏は、「構成のテー マは『アーキヴィストをアーカイ ブする』。展覧会を機会に柳本さ んの遺したものと断片的な情報 を統合することで、価値を見つめ 直し、未来へつなげる方法を多く の人々と考えたかった」と話す。 会場には、各国の牛乳パックを陳 列した棚、未整理のままボックス…

1 min.
和食文化を再認識させるインタラクティブアート

企画制作/キリンジ クリエイティブディレクション/モーメント ファクトリー 空間デザイン/ザ・ドキュンカンパニー 施工/ベスト 会期/ 2017 年1 月28 日~ 5 月21 日 会場/日本橋茅場町特設会場(東京・茅場町) 東 京・茅場町の空きビ ルの1階から4階ま でを「日本橋茅場町 特設会場」とし、「和食」をテー マにしたインタラクティブアー ト「食神さまの不思議なレスト ラン展」が開催された。会場の ある茅場町では、企業の移転が 相次ぎ、空きビルが増加している。 そこで発足したのが「日本橋兜 町・茅場町アートプロジェクト」。 その一環として、「空きビルの再 開発」と「人を呼び戻す」を目的 に同展が開催された。2、3階の デジタルコンテンツの制作はサ グラダファミリアのプロジェクショ ンマッピングの演出など、ストー リー性のあるデジタルアートを 制作するエンターテインメント 集団「MOMENT FACTORY(モー メント ファクトリー)」が担った。 企画制作は、これまでにもアー トイベントやインスタレーショ ンを手掛けてきたキリンジ。代 表の鈴木智彦氏は同チーム起用…

1 min.
back number

定期購読のご案内 送料無料でお届けいたします。弊社ウェブサイトからお申し込みいただいた方には、デジタル版を無料※で12冊プレゼント!! 定期購読料:25,200円(12冊・税込) ※定期購読を新規・継続でお申込みいただいた方(メールアドレスの登録が必要です)は、Zinio(ジニオ)社提供のデジタル版が無料で閲覧できます。 詳細は弊社ウェブサイトをご覧ください。www.shotenkenchiku.com デジタル版 無 料 PRESENT!! Jun. 2017 6月号 2,100円(税込 新作 星のやバリ 界 アンジン 業種特集1 カジュアルバー&クラブ 業種特集2 ウエディングチャペル&バンケット 特別企画 LIGHTING DESIGN 2017 巻頭で、星野リゾートによる最新プロジェクト「星のやバリ」 「界 アンジン」を掲載しました。開放的で爽やかな宿泊空 間を堪能してください。特集「LIGHTING DESIGN 2017」 では、照明計画と照明器具のデザインプロセスに迫りました。 業種特集では、バーとウエディング施設の最新プロジェク トを多数掲載しています。 May…