男性生活
GQ JAPAN

GQ JAPAN No.181 JUL, AUG-2018

1957年に米国で創刊し、現在18カ国で発行される、男性クオリティ・ライフスタイル誌『GQ』の日本版。知性・品性・感性を備え、本質にこだわる男性のための、日本で唯一のインターナショナル・ファッション・マガジンです。 GQ JAPAN is the Japanese version of the quality lifestyle magazine GQ, which was launched in 1957 in the USA and currently issued in 18 countries around the world. GQ JAPAN is the only international fashion magazine in Japan for men with sophistication, character, and sensitivity who value substance.

國家/地區:
Japan
語言:
Japanese
出版商:
Conde Nast Japan LLC
閱讀更多
訂閱
$834
10 期號

本期

1 最少
editor’s letter

「罪」と「罰」 GQ JAPAN 編集長 鈴木 正文 「私は幼い時に何度か、痴漢の被害に 遭った」と、ジャーナリストの伊藤 詩織さんは書いている(『Black Box』文藝春秋)。 最初は図書館で、小学校2年生だったという。 ベンチに座って本を読んでいるときに中年の男 性にスカートのなかを覗かれた。得体の知れない 恐怖を味わった。けれど、7歳前後の少女に男 の行為の意味はわからなかった。 次は小学校4年生のとき。ひとりで電車に乗 っていた。車内は混んでいなかった。なのに、後 ろから「ぴったり体を押し付け、服の上から体を 触り続け」(同/以下、とくに断りのない引用はす べて同書から)る男がいた。 10分から15分ぐらいだった。帰宅して母親に 「今日、電車で変な人がいたの」と訴えたけれど、 その「変な人」がなんのためになにをしていたか、 理解できなかった。 「西日が差す窓に向かい、つり革を持ちながら、 硬直した自分の姿が景色の移り変わる窓にチラ チラ映る光景が、今でも目に浮かぶ。私の着て いた水色とオレンジの色のジャンパーと、背後の 男性も映るが、顔だけはよく見えなかった。振り…

1 最少
「クリスチャン ディオール」 アトリエのすごさ

「通常、デザイン画からサンプルが 完成するまでに少なくとも1 週間かかる作業を、ディオールのア トリエは、前日のラフをもとに 翌日には完璧な形を複数提 案してくれるため、デザイン を突き詰めることができる」 とコメントするのは2018-19冬シーズンを最後にメ ゾンを去るクリス・ヴァン・ アッシュ。 ディオール オムは、今 年6月にパリで発表す る2019年春夏からキ ム・ジョーンズの就任 を発表、いっぽうクリ スはベルルッティへの 移籍が決まっている。 今夏よりスタートと したディオール オム の新ライン〝アトリエ〞は、クリスのラストシーズンの置き 土産だ。アトリエが位置するパリ8区 のマリニャン通り3番地のアドレスを ロゴにしたこのラインは、ジャケットを はじめ、シャツや小物まで展開してい る。メゾンの本質を支えているのは、 お針子=蜂の一針一針のサヴォワー ルフェール(クチュリエの技)である、と いうクリスの思いとスタッフへの感謝が、 このロゴの誕生の裏にはあるようだ。 ファッション界では〝メゾン〞という 呼称は、本来パリ・オートクチュール 協会が認可したブランドにしか使用…

1 最少
プラダの ポップアップストア オープン

2018年秋冬シーズン、ミウッチャ・ プラダはブランドのアイコン素 材であるナイロンをフィーチャー、4組 のクリエイターとのコラボレーション 「Prada Invites」を発表した。この、 プラダにとってはレアなファッションでの コラボは大いに話題になったが、コラボ 相手の1組であるレム・コールハース率 いる建築事務所OMAがデザインした、 新しいプラダのロゴを配した限定バッ グがポップアップストアに登場する。 レム・コールハースは、ミラノのプラ ダ財団やコレクション会場の設計など、 プラダとイノヴェーティブな関係を築 きあげ、コラボレーションを重ねている クリエイターだ。レムはまた建築や 都市デザインに関する著作も多く、ミ ウッチャ・プラダ同様、ジャンルの枠 を超えた思想家としても知られる。 限定アイテムのなかには、黒く塗り つぶされた逆三角形のブランドタグが 登場する。ロゴ全盛のトレンドへの アイロニーとして痛快である。 名前を掛け合わせたコラボレーシ ョンとはひと味も、ふた味もちがった アイテムはいち早く手に入れたい。 EVENT: プラダ 伊勢丹新宿メンズ館…

1 最少
ビット〝裏返し可能〞ローファー

金属飾りであるビット付きのロー ファーは、ジャケパンスタイル に合う! 軽妙なアクセントになる! 脱ぎ履きが楽! と3拍子揃ってい る。ただ、お洒落偏差値が上がって くると、レザー小物の色のみならず、 金属系の色も合わせたくなる。つまり、 YG(イエローゴールド)の腕時計には、ちゃんとゴールドのネックレスやリン グで合わせているのに、ビットの金属 色だけシルバー……というのは、なん となくNG。こだわりを深めると違和 感を覚える人も多いはずだ。とはいえ、 なんぼなんでも、そのためにビットロ ーファーを2足も買うのもいやだし、 何より靴箱パンパンだし(でも新作は好き♡)。そんな諸兄にぴったりな、 裏が金・表が銀(どっちが表かわから ないけど)のビットローファーが、サル ヴァトーレ フェラガモから登場。こ れで、インスタグラムの〝いいね!〞だ けでなく、洒落者マスターからの、心 の〝お、わかってるね!〞を勝ち取っ…

1 最少
夏の夜にはオイルランプ

バラの花を鑑賞しながらオイル ランプのゆらめく炎を見てい ると、気分がロマンティックに、そして いささか感傷的になってくる。 この、バラが4輪ほど茎ともどもオ イル漬けになったキャンディ・ポット ぐらいの大きさをしたガラス瓶の頭で、 揺れる炎を灯すランプをつくったのは、 塙正樹さん・麻衣子さん夫妻。鎌倉 山発の「ランドスケーパーズ」というボタニカルな商品を開発・販売するブ ランドの創業者である。 「 人は歳を重ねると、植物と向き合う ようになります。それは、生まれた時 にもらったバイタリティが少しずつ減 ってきて、自然からまたパワーをもら おうとしているからなのだと思います。 いつか自然に還る準備をしているの かもしれませんね」と麻衣子さんは語 る。もともと長年、都内で働いていたふたりだが、ブランドの立ち上げを機 に自然あふれる鎌倉山に移住した。 「 都会は人にとっても植物にとっても、 生きていくのが過酷な環境です。で も人は自分の中にそのパワーを必要 とするから、少しでも自然の中に身 を投じたり、自分のそばに自然を置 いておきたいと思うのでしょう」 ひとつひとつ丁寧に手作りされた…

1 最少
別所哲也とssffの 20年の軌跡

「短編映画の面白さを伝えたい」 という一心で別所哲也さん がジョージ・ルーカス監督にメールを 送ったのが20年前。日本未公開の 短編映画の公開と、レセプションに来 日してもらう約束を取り付けて、第 1回SSFFの開催にこぎ着けた。あ れから20年、集まる映画作品は過去 最高の約1万に増えた。初回から映 画祭代表を務める別所さんは、この 成長に達成感を感じているのではな いか、と訊ねると、返ってきた答えは これからSSFFをどう発展させてい くかについてのものだった。20周年 の感慨に耽ったりなどしないのだ。 「 インターネットの時代になって、誰もがスマートフォンで動画を見るよう になりました。僕はこれからの10年で、 映画と動画の境目がシームレスに変 化してゆくと考えています。そこで、 今年からオンラインのシアターを始め ました。それから、『VR SHORTS』、 つまりVR(ヴァーチャル・リアリティ) で体感する短編部門もつくりました。 さらに『ノンフィクション作品を特集 する部門』も新設しました」と、矢継 ぎ早に新企画について語る。 「 新しい技術や潮流に目を向けると、…